So-net無料ブログ作成
検索選択

多発性転移性肝癌闘病日誌:愛犬の癌 [多発性転移性肝癌闘病日誌]

CTスキャンなし
血小板値:7万6千個/μL
(経口抗癌剤飲用可能な値:7万個/μL)
Author :
龍Midi
のプロフ
服用を指示された薬:
・ゼローダ
・ピドキサール

にほんブログ村 病気ブログ 肝臓がんへ
きょうは趣向を
変え、同じ病を
持つ愛犬の話をば。
(とりあえず、
上の画像をクリックして頂ければ
拡大された画像をご覧になれます。)



犬にも肖像犬があると思いますので
無断で画像掲載は控えさせて頂きます。
(肖像犬ちゃう! 肖像権や!
ぶっちゃけ、うまいこと写真撮れ
なんだのやろ。白状しぃ!)

犬に去勢手術をやる意味は、本来的に
雄の攻撃的な性質などを喪失させる
目的の元に行われますが、二義的に
精巣癌発症のリスク回避のためでも
あるのだということを獣医さん経由
で知りました。
(わてのツッコミ無視かぃ!)
うちの愛犬も睾丸が痛々しく腫れ上
がり精巣癌に違いありません。
獣医さんは保険が効きませんから
検査代もばかにならない金額が
必要です。私の医療費だけでも
家計は火の車。
その上、飼い主に似たのか、
転移性の癌が疑われます。
(癌、空気感染せぇへんやろ!)
愛犬は以前、よく吠えたのですが
今はめっきり吠えなくなりました。
このことから肺(咽頭)転移が
疑われます。
食事も、ここ2~3日は絶食状態。
胃に転移したのでしょう。
延命治療は望みません。
今は静かに逝かせてやりたい。
長い年月(9月20日で15歳になりました)
癒してくれてありがとね。


14年10月02日/12時半追記
今し方、息を引き取りました。
苦しんで吠えまくるでもなく、本当に静かな死でした。
自分的には、老衰で死んだと思ってやりたいです。


仮設トップページ第1編へ

仮設トップページ第2編へ

" SwanLake "
composed by Tchaikovsky

( mp3 the 4th. music )








コメント(2) 

コメント 2

おいち

わんちゃん、天より授かった寿命を全うしたのですね!
ペットも家族同様・・・
「長い年月 癒してくれてありがとね。」の心情を
お察しいたします
by おいち (2014-10-02 22:05) 

龍Midi

おいちさん>お悔やみ有り難うございます。
これから人間同様、処分しなければならないもの、
遺品にのこしておきたいものの仕分け作業が始まります。

by 龍Midi (2014-10-03 03:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。