So-net無料ブログ作成
検索選択

多発性転移性肝癌闘病日誌:最終回=緩和ケアと終末期ケア [多発性転移性肝癌闘病日誌]

 最終回=緩和ケアと終末期(ホスピス)ケア
Author :
龍Midi
のプロフ


にほんブログ村 病気ブログ 肝臓がんへ
病院では、緩和ケア病棟に入院できました。
なにしろ「数ヶ月待ちは当たり前」なので、幸運だったと言えるでしょう。
(お世話になったお医者はんが強ぉ照会してくれはったのやで、たぶん。)

入院は部屋に関して、個室なら有料、複数人部屋なら無料
というシステムを採用しているところが多いです。
しかし、新病院の緩和ケア病棟では無料個室があるのです。
リフレッシュして、早く退院してもらおう。」と、いう
趣旨なのだそうです。
この退院を目指すというのが、諦念の支配するホスピス病棟とは
大きな違い
です。




(新病院に)入院当時から役立たなくなった抗癌剤は
点滴を含めて一切しなくなりました。
代わって大活躍したのが麻薬系薬剤です。
薬品の恐さは副作用なのですから
種類が異なっていれば服用することができる
とも言えます。
例えば、以下のような離れワザは1日に数回登場します。
・オプソとロキソニンとオキシコンチンを30分間隔で服用する
(「秘帖←誤字」の ぉ兄はん、こないなワザ
ちぃとも知らなんだのやろな。)

さらにトドメを刺します。
麻薬系薬剤 抗癌作用」と検索なさってみて下さい。
気分が乱高下しますが、あくまでも抗癌作用というのは
「ある研究にもとづいた結果では」という前提条件
です。



さて、どこかでキリにしないといけないので
これで完結としたいと思います。
長期間に亘り、ご愛読ありがとうございました。
また病状などに特段の変化がありましたら
「多発性転移性肝癌(補遺:連番数字)」と致します。




最後になりましたが、俳句を一首、詠みたいと思います。
(川柳やったら、オコるで、ほんま。)
いざ趣味や 実る余生に 生きめやも
さぁ趣味を見つけ実りある余生を送ろう。
心をふるいおこして生きないでいられようか。
断乎として生きぬこうぞ!



仮設トップページへ

mp3 Don Giovanni

(Oveture)

composed by
Mozart.W.A



コメント(1) 

コメント 1

お名前(必須)

訃報。
2月26日(日)に、主人が永眠しました。
享年57歳。

長い間、ご愛読して頂きありがとうございました。

このような報告で、失礼しますm(._.)m
by お名前(必須) (2017-04-04 21:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。